新谷博範ブログ

1995-1999金沢市議会議員・2003-2007石川県議会議員新谷博範のブログです。日々の考えや政治に対する考え方を発信していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

過去の質問 2004年(平成16年)9月27日「環境保護について」

県内のあらゆる地域、道路わきや山林、河川沿いなど、ごみの不法投棄が後を絶ちません。

この物質的に豊かに便利になった社会でありながら、その発展に応じて社会規範や規律が満たされていくわけではありません。人間の精神的進化の限界に直面しています。

このような社会の中で、私たちは何をなすべきなのか。教育が悪いのか、社会構造が悪いのか、捨て場所が少ないのか、問題は根深いものがあります。

結局、人間は経験からしか学ぶことができないものであるならば、社会が発展しても同じことの繰り返しかもしれません。

とにかく捨てる者がいる以上、拾わなければなりません。
拾って拾って拾いまくらなければなりません。


どのように不法投棄のごみを県民に拾っていただくように仕向けるか。結局は不法投棄場所の地域住民に処理していただかなければなりません。

県の環境を守る。
費用がかかります。
しかしながら、その不法投棄ごみ収集運動を支える行政施策を検討しなければならないと考えます。


県行政のごみ不法投棄並びに汚れていく環境、観光資源の保護に対する取り組みと今後のあり方を伺います。

また、来年一月、自動車リサイクル法施行に合わせ、国は地方自治体の不法投棄対策を財政支援することを決めました。

特に放置自動車に対しては経費の80%を補助する予定であり、また既に大阪府は放置自動車の所有者に罰金を課す条例を本年七月から施行しています。石川県の放置自動車の現状と今後の対策について伺います。

次に、産業廃棄物の処理についてです。産業廃棄物は経済の高度化に伴い、必然的な排せつ物でありますが、県内の排出量と処理量は一致しているのでしょうか。産業廃棄物の県外流出と県内持ち込みの現状をあわせて伺います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。